2016年8月21日(日)~8月28日(日)
HISの『陽光のイタリア周遊8日間』というツアーに参加しました^^
新婚旅行日記4日め編です。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェリ、ラファエロなどなど
その他にも「教科書に出てた!」な巨匠たちの作品をずらりと並べた圧巻の美術館、ウフィツィ美術館へ行ってきました。
今回はその後編日記です!
数々の名画と写真が撮れるとは…心拍数もあがるよー(*^▽^*)♡

 

スポンサーリンク



 

ミケランジェロ「聖家族」

 

ミケランジェロの「聖家族」(1504年ごろ)という作品があります。

これまでうっかりすると触れちゃいそうな至近距離で多くの作品を展示してくれていたウフィツィ美術館ですが、
さすがのウフィツィも世界の宝であるこの作品はガラスで防御していました(笑)

壁画以外のミケランジェロの絵画としては唯一の作品だそうです。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ミケランジェロ 聖家族1

 

こんな感じで飾られてます。奥の丸いのが聖家族。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ミケランジェロ 聖家族2

 

ストロッツィ家のマッダレーナとアニョーロ・ドーニとの結婚祝いとして、ドーニ家に依頼されて描かれた絵です。
が、あまりに斬新すぎるマリアのポーズや構図に不満があったのか、
この絵が完成した時アニョーロはやっぱ要らないと断ったそうです。(値切ったとか所説あるようですが)

でもその話を聞いたおじさん(おばさん?)に
「なんてバカなことを!あんなに価値のある絵なのに」と言われ気が変わり、
「ああ言ったけどやっぱり買うよ」とミケランジェロに求めたそうですが
怒ったミケランジェロは元の倍の値段で売りつけたとか。

これは本当なのか…真実はわからないけどガイドさんのお話しがすごく興味深かったです(笑)

額縁も500年前当時のオリジナルのままだ。
さすが彫刻家、額にもこだわりがあったのかも^^

 

イタリア ウフィツィ美術館 ミケランジェロ 聖家族 額縁

 

一番上にぴょこんと出てるのはイエス・キリストですね♪

 

ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」「春(プリマヴェーラ)」

 

続々と巨匠たちの名作が出てきます。
次はボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」!

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ ヴィーナスの誕生1

 

大人気でもう!!人がわんさか群がってました。
ヴィーナスの髪には金粉が練り込まれているそうで、本やネットでみるより段違いで輝いて見えました。
鮮やかで明るい金・オレンジって感じ!本物ってやっぱすごい(゚Д゚;)

そしてけっこう大きいキャンバスなのねー!
このサイズのキャンバスが当時なかったらしくて、オリジナルで作ったものなんだそうです。
その証拠に…

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ ヴィーナスの誕生2

 

わかりますか?
息吹を吹きつけてヴィーナスを浜に運ぶ西風の神・ゼフュロスの膝、
ヴィーナスの聖花バラを散らしている彼の妻花の女神・フローラの足先部分。
ここにキャンバスを拡張した際にできたデコボコとした線が見えます。

ヴィーナスの手、そしてヴィーナスに衣装を着せようとする時(季節)の女神・ホーラの腰部分にも。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ ヴィーナスの誕生3

 

こういうのは教科書には載ってないことなのですごく興奮!
「うわっほんまや~!!(*”ω”*)」みたいな(笑)

この作品もガラスカバーがされていますね。
奥にチラッと映っている作品も「パラスとケンタウロス」というボッティチェリのものですが、そちらにはカバーはありません。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ ヴィーナスの誕生4

 

ちなみに当時女性のヌードはNGやったけど「ヴィーナス」と名前がつけばOKだったらしい。
ざっくりやな!!(笑)

この「ヴィーナスの誕生」の対面に展示されているのが「春(プリマヴェーラ)」です。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ 春(プリマヴェーラ)1

 

一番右にいる西風ゼフュロスはクロリスという女性に抱き着こうとしています。
抱き着かれた瞬間にクロリスは花の女神フローラになり、2人は結婚するんですね。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ 春(プリマヴェーラ)2

 

ゼフュロスの前に描かれた二人の女性は、右側がまさにフローラへ変身しようとしているクロリス。
口から花が溢れ、その花と同じ模様の衣装を着ていることから、左の女性が変身したフローラだとわかります。

フィレンツェに生息する花約400種の花が描かれています。
科学者によってちゃんと確かめられたそうです(=゚ω゚)ノ

さして三美神は左から
(髪が乱れていることから)愛欲、
(髪が乱れることなくキッチリしている)純潔、
(対立する二人の仲を取り持つ)愛の女神です。
↑この辺は昔高校で習った記憶があるわ…(・ω・)

 

イタリア ウフィツィ美術館 ボッティチェリ 春(プリマヴェーラ) 三美神

 

旦那さんと愛の女神と一緒に写真♡なんかご利益ありそ-!(笑)

 

 

こっちも♡♡あ~しあわせ~(*^▽^*)♪♪

 

 

名画と写真を撮れるなんて、すごい達成感ある美術館です(笑)

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」

 

まずレオナルド・ダ・ヴィンチがすごすぎて師匠が描くことを辞めてしまったと言われているのがこの作品。

 

イタリア ウフィツィ美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ キリストの洗礼1

 

ヴェロッキオ作「キリストの洗礼」。
思ってたよりミニサイズ!!

 

イタリア ウフィツィ美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ キリストの洗礼2

 

左下の天使と背景をレオナルドが描いたそうです。

 

イタリア ウフィツィ美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ キリストの洗礼3

 

たしかになんか次元が違う。。。右の天使はボッティチェリが描いたとされますが、

 

「さっき見た『春』や『ヴィーナスの誕生』とは手の表現が全然違くない??なんかこっちの方が上手くない??」

 

と思ってしまい。
するとガイドさんが

 

ガ「ボッティチェリは観察が苦手で、植物や手を表現するのは得意としていなかったようで、
生物学や観察にも長けていたレオナルドに手の部分の描写を頼んだとも言われています」

 

なるほどそういうことか…それなら納得です(笑)
リアルかどうかという点ではレオナルドの方が何枚も上手だなぁと思ってしまう。
どちらも異なる魅力やから比較はできないけどさ^^;

そしてガンガンに撮影されまくっているのが

 

イタリア ウフィツィ美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ 受胎告知1

 

「受胎告知」!これも私が思ってたより小さい!
こっち(やや右)側から見られることを想定して描かれているらしいです。

 

イタリア ウフィツィ美術館 レオナルド・ダ・ヴィンチ 受胎告知2

 

この部屋ほんと混雑してて、疲れた人がたくさんいた(笑)

 

イタリア ウフィツィ美術館 休憩スペース

 

記念撮影はマリア様とモロ被り(笑)

 

 

ラファエロ「ヒワの聖母」

 

聖母子と言えばラファエロ。私某カトリック女子高出身やけど
教室にラファエロの聖母子めっちゃ飾られてたな。懐かしいよ…

 

イタリア ウフィツィ美術館 ラファエロ ヒワの聖母1

 

修復を重ねた結果できた修復痕。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ラファエロ ヒワの聖母2

 

ヒワの聖母まで50㎝ないっていうのと、バリケードが簡素すぎるのがすごいよね(笑)

 

イタリア ウフィツィ美術館 ラファエロ ヒワの聖母前のバリヤー

 

自画像もありました。

 

イタリア ウフィツィ美術館 ラファエロ 自画像

 

すごーい!と感激してるとサクサク前に進んでしまうツアーご一行様…
美術館はゆっくり回りたい方なので、いつも私が一番後ろでした^^;

ヒワの聖母も皆さんパシャっとカメラに撮ったらサラ~っと次行っちゃって。
せっかく他のお客さんいないのに!

良いの!?
ラファエロですよ!?
もっとじっくり間近で見ましょうよ!!(゚Д゚;)

 

「え~もう行くの!?ちょっと待ってよオロオロ」ってなってる私に添乗員さんが

 

添「こんなに空いてるのに勿体ないですよね!でも遅れられないのでとりあえず1枚撮りましょうか!」
私「旦那さんも一緒に…あぁもう行っちゃってる!旦那さん!旦那さ―――ん!!(小声)」
添「旦那さ――――――ん!!(小声)」

 

もはや添乗員さんが専属カメラマン状態にwww
先に行った旦那さんを急いで呼び戻して1枚。

 

 

他にも随所随所で絵画に興味津々の私たちの写真を撮って下さり、本当に有り難かったです(;▽;)

 

印象的だった作品群

 

たっくさん作品がありすぎてまとまらんけど。
この「とげを抜く少年」、世界史の先生が昔何か言ってたような…
人の興味が宗教や神々よりも人の生活そのものに目が向いてきたとわかる作品だ、とかなんとか。違う??

 

イタリア ウフィツィ美術館 とげを抜く少年

 

ラオコーンのレプリカも一瞬しか見れんかったけど、会えて嬉しかった!

 

イタリア ウフィツィ美術館 ラオコーン レプリカ

 

これキレイやね!欠けてるのがミロのヴィーナスみたいに想像力を掻き立てます。

 

イタリア ウフィツィ美術館 彫刻

 

これは窓の映り込みが残念やけど色っぽくてキレイ。

 

イタリア ウフィツィ美術館 絵画

 

これも印象的!

 

イタリア ウフィツィ美術館 絵画2

 

メデューサでシメです。

 

イタリア ウフィツィ美術館 メデューサ

 

いっぱい見たー!もうお腹いっぱい!!
大っっ満足です!!!

前の日記はこちら→25*ウフィツィ美術館行ってきた!教科書で見た作品がずらり
次の日記はこちら→27*シニョーリア広場@フィレンツェ
イタリア新婚旅行日記 一覧はこちら

今回申し込んだ旅行会社さんのイタリア旅行一覧→HIS
お得度比較するなら→楽天トラベル

 

スポンサーリンク